私が育児・家事でめちゃめちゃ痩せた話

育児と家事のダイエット効果を紹介

一石二鳥!育児をしながらのダイエット方法とは?

私は待望の赤ちゃんを出産後、猛烈に太っていたことに気づいて、育児しながらのダイエットに悪戦苦闘していました。育児中は何かと忙しくて、最初はダイエットに取り組む時間を見つけることすらできず…。しかし、周囲のママ友や先輩ママさんの話も参考にして、育児しながらでもダイエットできる方法をいくつか見つけ出しました。妊娠・出産をきっかけに太ってしまった方、ぜひこの記事を参考にしてみてください!

産後はなぜ太りやすい?

新陳代謝が悪くなる

妊娠中はとにかく安静にしていなければなりません。妊娠後期でお産が近くなってくると、お腹も膨らんできますし、なおさら動きづらくなりますよね。普通に動いていた生活から、あまり動かない生活に変化すると、やはり代謝が徐々に落ちてきます。出産後も育児のために家にこもりがちになるので、なかなか外で運動することもできません。

骨盤が歪んでしまっている

出産をするとどうしても骨盤が歪みます。赤ちゃんが産道を通って出てくるために必要なことなのである意味仕方のないことですが…。しかし、骨盤がゆがむともともと骨盤の上にあった内臓の位置が下がり、代謝がますます悪くなってしまうんです。

ストレスが溜まっている

育児ノイローゼという言葉もあるくらい、赤ちゃんの世話をするのは大変です。ちょっとした時間でも目を離すのは怖いし、突然泣き出すと右往左往します。特に初めての育児だと、慣れないことばかりでもう大変!意識しないうちにどんどんストレスが溜まっていくんです。溜まったストレスを解消するために家の中で簡単にできることと言えば、ずばり暴飲暴食なんですよね…。

食生活の乱れ

育児中は赤ちゃんを最優先にした行動をとらなくてはいけないので、食事の時間が乱れがちに。赤ちゃんの世話をするためにも、ゆっくり食べているわけには行きません。次第に食生活が乱れていってしまいます。そこへストレス発散のための暴飲暴食も加わると、体重増加に歯止めがかからなくなります。

妊娠中・出産後にもできるダイエットとは?

赤ちゃんと散歩がてらにウォーキング

赤ちゃんと部屋の中に閉じこもっていると、どうしても運動不足になります。手軽にできる運動として、赤ちゃんを連れて近所をウォーキングすることはとてもおすすめです。最初は短時間の散歩で構いません。歩くことで運動になるのはもちろん、外へ出ることで心理的なストレス解消にもなるんですよ。

 

ちょっと違うお話になりますが、うつ病の患者さんもある程度症状が落ち着いている段階では、近所を散歩することを医師からおすすめされることが多いです。ずーっと部屋の中に閉じこもっていると、健康的なストレス発散が難しくなるんですよね。

 

赤ちゃんも、ママと一緒に外の世界に触れることで、色々な良い刺激を受けるでしょう。ママにも赤ちゃんにもおすすめなのが、ちょっとしたお出かけです。

趣味や買い物でストレス発散をする

ストレス発散を食べること・飲むことではなく、別の方法で行うように工夫してみましょう。例えば家の中にいてもできる趣味をもってみてはいかがでしょうか。手芸やパッチワークなどは、作業に集中できますし、腕をあげれば赤ちゃんへの洋服を作ってあげられるようになり、実用面でもプラスです。

 

また、買い物を楽しむこともおすすめ!特別高い買い物をする必要はないんです。普段あまり行かないけど気になっているお洒落な雑貨屋さんなど、近所にありませんか?可愛い雑貨を眺めているだけで楽しめますよね。育児だけに集中していると疲れてストレスになってしまうので、いつも行くのと違うお店を覗いたりして気分転換を図ると、少し気が紛れて楽になることもあります。

赤ちゃんを抱っこしながらスクワットなどの筋トレをする

エクササイズは、外で行うものだけではありませんよね。家の中にいてもできる運動はいくつもあります。育児中は忙しいので、「ながら運動」がおすすめです。赤ちゃんをあやしながら軽くスクワットをしたり、テレビを見ながら寝転がって足を上げ下げしたりなど、日常生活の延長でできる運動に取り組んでみてください。

食生活の見直し

乱れた食生活を改善できるのは自分だけです!食事をとる時間をちゃんと決めて、その通りに段取りをしましょう。ストレスが溜まると甘いもの・脂っこいものなどがほしくなりますが、おいしくてヘルシーな食べもので代用しましょう。野菜や鶏肉のうま味がたっぷりしみだしたスープなどがおすすめですよ。

育児中でもダイエットはできる

妊娠・出産をきっかけに太るのは、体の変化も大きいですが、ストレスや生活の乱れなどの要因もとても大きいんです。体の変化は避けられませんが、出産後の生活は工夫次第でストレスを軽くすることもできますよね。育児中は「ながら運動」や近所のウォーキングなどがおすすめ。焦らずに、できることから少しずつ取り組んでみてはいかがでしょう?

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です