私が育児・家事でめちゃめちゃ痩せた話

育児と家事のダイエット効果を紹介

掃除しながら効率よくダイエット!そのコツとやり方紹介

掃除ダイエットは知ってますか?育児や家事で忙しく、スポーツジムに通う暇がなくても大丈夫!お金も時間も無駄にせず痩せられる、とっても効率的なダイエットなのです。部屋も身体もきれいになるので、毎日の生活にぜひ取り入れてくださいね。

部屋を綺麗にしながらダイエットしよう!

掃除ダイエットは、いわゆる「ながらダイエット」と呼ばれる手法の1つ。掃除しながら、身体をスリムにすることを目的にします。”掃除”というやらなければならない目的があるので、ジムと違ってサボるということが少ないです。

掃除内容はいたって普通。いつもの掃除を、少し筋肉を意識しながらやるだけで良いのです。しかも面倒な掃除も、痩せると思えばやる気が出てくるもの。まさに一石二鳥ですね。

掃除ダイエットの主なメリット

筋トレと変わらないカロリーを消費できる

掃除は想像以上にカロリーを消費します。掃除を30分した場合、消費カロリーは約75Kcal(体重50kgの場合)。体質にもよりますが、掃除は30分でおおよそ体重×1.5kcal消費するそうです。

ちなみにジムで有酸素運動した場合は15分で100kcal、筋トレ15分で40kcal。ジムに行かなくても、掃除で十分効果が上げられますね。

部屋がきれいになって快適

ジムより最高!と思ってしまうほど嬉しいのは、なんといっても部屋がきれいになることです。清潔で整頓された部屋は気持ちよく、家族にも喜ばれますよ。また掃除は頑張るほど目に見えてきれいになるので、達成感もあります。

生活の質が上がる

部屋が常にきれいだと、心にも余裕が出るといわれています。ものを大事にしたり、人に優しくなれたりもするから不思議です。生活の質が上がると、運気も上昇するといわれてますよね。きれいなボディラインが手に入るだけではなく、家庭も仕事も円満となれば、まさに嬉しいことだらけです。

痩せる掃除の種類にはどのようなものがある?

ガラス拭きは屈伸運動をしながら!

ガラス拭きは二の腕エクササイズの格好の場。できるだけ腕を伸ばして、ゆっくり大きく左右に動かしながら拭きましょう。筋肉を意識しながら刺激することが、大事なポイントです。上下に拭くときには、膝を開いて中腰にしてみて。お腹やお尻の筋肉が鍛えられます。窓がピカピカになるほど、二の腕のたるみとおさらばできる日が近づきますよ♪

小学生の頃を思い出して雑巾がけ

最近は雑巾がけをしない人も多いですよね。立った姿勢で床をきれいにできるモップを活用したり。しかし雑巾がけはダイエット効果が最も高い運動なのです。ぜひとも小学生時代を思い出し、両手を使って雑巾がけをしましょう!雑巾がけをすると、掃除機だけより断然床がきれいになりますよ。

雑巾がけに慣れてきたら、腰をひねる動作を入れるとエクササイズ効果が高まります。ウエストシェイプに最適。腰を浮かした状態を維持するので、太ももやヒップの引き締めにもなります。

掃除機がけでもエクササイズ

掃除機かけは、あまりダイエットにならないと思っていませんか?そんなことはありません。移動が多い掃除なので、足の腱を伸ばしたり、上半身をねじりながら歩いたり、工夫次第でエクササイズ効果があります。またキャニスター型の掃除機であれば、思い切ってキャニスター部分を片手で持ち上げて行うのもおすすめ。ダンベル上げと同じように、身体が鍛えれられますよ。

トイレ掃除は壁も拭く

トイレ掃除は便器だけって人、案外多いとか。ダイエットを意識して、壁も拭く習慣を付けましょう。男性が使うトイレは床や壁に飛び散ることもあるらしいので、好都合ですね。壁は窓ふきの要領で、体を大きく動かしながらすると効果的。つま先立ちで、高い所まで拭くようにしましょう。

足腰を使ってお風呂掃除

風呂はカビが発生しやすく、念入りに掃除する場所。筋力もかなり使うので、ダイエット向きですね。足を肩幅くらいに開いて手を伸ばし、腰を落とした状態で壁磨きをすると、スクワットと同じ効果がありますよ。

浴槽の中に入って洗った後は、体を伸ばして洗い場もそこから洗ってしまいましょう。ちょうどよい屈伸運動になります。入浴後に行えば、サウナのような状態で発汗できます!

掃除ダイエットを成功させるコツ

長時間やり過ぎない

掃除は毎日のこと。継続することで効果を実感できますので、あまりストイックにやらない方がいいです。無理をしてやると筋肉痛になったり腰を痛めたり、継続することが難しくなります。毎日少しずつからはじめ、長続きさせましょうね。

早朝に掃除すると効果が上がる

掃除をするのは好きなタイミングでOKですが、もしより高い効果を望むなら、午前中の早い時間がベスト。朝掃除をすると、その日1日代謝のよい状態を維持できるので、痩せやすい身体でいられます。

ローテーションを決めて掃除する

掃除機がけは毎日しますが、窓ふきや本格的なお風呂掃除はそこまで頻度は高くないですよね。掃除の偏りをなくしてバランスよくダイエットするためにも、○○曜日はトイレ、△△曜日は窓ふきなど、ローテーションを決めておくのがおすすめ。これをルーティン化できれば、もう年末の大掃除は必要なくなるかもしれません!

“掃除”で身体も部屋もきれいしよう!

育児や家事で忙しい女性にとって、掃除しながら痩せられたら好都合ですよね。お金も時間もかからない「掃除しながらダイエット」は、長期的に行うことがポイント。無理はせず、筋肉を鍛えることを意識しながらお掃除してくださいね♪

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です