私が育児・家事でめちゃめちゃ痩せた話

育児と家事のダイエット効果を紹介

夜のランニングは効果あり?ランニングのコツをご紹介!

ダイエットしたいアナタ、夜に行うランニングはいかがですか?脂肪の燃焼効果が期待できる他にも、、美容や健康にもいろんな効果があると言われています。そんな、夜に行うランニングおトクなメリットや行う上でのちょっとした注意点をご紹介します。

朝は時間が取りにくい!夜継続的にランニングをしてダイエットしよう!

ダイエットの為に、有酸素運動を取り入れるのは大変、良い事ですね。朝のさわやかな日差しの中でのランニングは気持ちがいいものです。でも、時間のない朝はなかなか時間がとりにくいのが事実…。

そこで、ゆっくりと時間がとれる夜のランニングがおススメです。

効率の良いランニング方法とは?

そもそも、ダイエットをする為の効率的なランニングをするには、どんな事に注意をすれば良いのでしょうか?

20分以上、有酸素運動をする

体の仕組みとして、運動を始めてから20分を過ぎると脂肪が燃焼する事が明らかになっています。

その為、20分以上の有酸素運動をする事が必要なのです。

走る直前、直後に食事を摂らない

走る直前や走った後には食事を摂らない様にする事も大切です。消化器への血流が少なくなってしまいますし、食べた物の消化が悪くなってしまいます。人によっては気持ちが悪くなったり、お腹が痛くなってしまうかもしれません。

走る直前は軽い水分補給程度にしておき、走った後は、体の様子を見ながらゆったりと食事をと必要があるでしょう。

夜ランニングを行うメリットとは?

夜間にランニングをする事は、ダイエットをする上でのメリットがたくさんあるんだってご存じでしたか?それは、ただ単に体脂肪を減らす事だけではありません。

日焼けしない

夜のランニングではお肌の大敵、紫外線を気にしなくて良い…と言う大きなメリットがあります。

美容にはとってもお得ですよね。紫外線ケアの為の準備の時間も要らないので、気軽にランニングをする事ができます。

周りの目が気にならない

ダイエットの始めの頃は、どうしても、人の目が気になってしまいますよね。

「あ、ダイエットの為に走ってるんだ…」「けっこうお肉がありそうね…」なんて思われてないかなぁ…

…とか、おなかのお肉を見られてないかなぁ……なんて、考えながら走るのは、メンタルの衛生上、良くないでしょうし、第一、走っていて楽しいはずがありませんね。

夜にランニングをする事は、そんな心配をしなくてすむのもメリットの一つです。

質の良い睡眠を取ることができる

体や脳は疲れてくると、自然と休息をしたくなります。また、ランニングなどで、上がった体温は元に戻ろうを下がって行きます。人が眠る時には体は体の深部の体温を下げて眠りに入るという仕組みになっています。

睡眠の前に適度な運動をする事はそうした体のメカニズムを利用する事で、理にかなった質の良い睡眠を目指す事ができます。

走る事で適度に緊張した筋肉は弛緩へと向かう為、体も自然とリラックスしやすい状態にもなります。ただし、寝る直前に運動をするなどをしてしまうと、脳から「メラトニン」と言うホルモンが分泌されなくなってしまいます。
この、メラトニンは別名「睡眠ホルモン」とも呼ばれ、睡眠を促したり、免疫系を活性化してくれる効果があります。このメラトニンが分泌されないと、寝つきが悪くなってしまうのです。その為、睡眠をする2時間位前には、夜のランニングを行い、良い睡眠を取るリズムを作って行きたいですね。質の良い睡眠を取ってしっかりと休息をする事で翌日の学校や仕事へのパワーをチャージする事が出来ます。

次の日の眼ざめもスッキリと迎える事が出来ますよ。十分な休息はお肌や美容にもきっと良いはずです。

時間を取りやすい

朝は出勤の準備やお化粧など、意外と時間がかかってしまう事も多いもの…。予期せぬ大雪や大雨などのお天気の変化や、交通機関のトラブル発生…など、思いがけない事で、早く家を出なくてはならない事もありますね。ダイエットの為にランニングをしようと思っても、なかなか思い通りにいかない事もありそうです。

その点、夜の時間のランニングであれば、仕事も学校も終わってからの時間ですので、一息ついた好きな時間にとりかかる事が出来ます。

ストレス解消になる

運動をして体を動かす事は、たまったストレスの解消にもなります。マラソンなどをした後にとてもスッキリした覚えはありませんか?

夜のランニングは一日の仕事や学校などでのストレスを解消する手助けになるかもしれませんよ。

夜ランニングをする時の注意点

夜にランニングをする場合には、いくつか注意する事があります。主に、安全の為ですので、ぜひ、守ってほしい事です。

ライトや反射するものを身に着ける

夜は暗い為、物が見えずらいですよね。そして、それは、他の人も同じ事…。事故に合わない為にも、歩行者だけでなく、車や自転車を運転する人にも自分の存在が分かりやすい様にライトや反射材を使ったアイテムを体につけるなどして、安全に走りましょう。

ランニングアイテムの中には、蛍光剤や反射する素材を使用したものも、あります。また、ライトなども、LED電球を使用した、小さくて軽いけれど、明るくて眼につきやすいアイテムが売られています。

なるべく人通りの多い所や電灯がある所を選ぶ

他人から分かりやすい格好は夜のランニングに必要な事ですが、それは、逆に言うと不審者の様な人達からにも眼にとまりやすい…と言う事でもあります。

昼間と違い、夜には人通りがなくなってしまう場所や街路灯が整備されていなかったり、また、電球が切れてしまっている場所もあるかも知れません。出来れば、ランニングを始める前に、下見を行い、人通りの多い所や電灯がある場所を選んでおく事で安全に走る事が出来ます。

地域の防犯情報などもチェックしよう

あなたが住んでいる地域の防犯情報などもチェックしておくと、より一層安心です。

住んでいる地域によっては、メールなどで、不審者情報を不定期に発信している所もあります。

例えば、「不審者情報:痴漢事案発生 △△地区の歩道で夜○時頃…」などと言った具合です。

また、最寄りの警察や市町村のホームページなどで、そういった安心・安全情報を発信していないかチェックしておくのも良いと思います。

しっかりと確認しておく事で安心してランニングをする事ができます。

夏場や冬場に気をつけたい事

細かいコトですが…、夏場は虫さされに…、冬場は寒さで体を冷やし過ぎない様にしましょうね。

どっちも美容にとって良くない事でしょうから…。

具体的には、夏場の虫さされ対策グッズ、冬場なら、首や腰回りを冷やさない様にカイロを使ったり、一枚余分に着たりするなどの対策をするといいでしょうね。

まとめ

時間のが取りやすい夜のランニングの方法について書いてみました。

どうですか?夜にランニングをするって、気持ちにも美容にも良いって言う事がわかって頂けたかと思います。

ダイエットを成功するには継続をする事が大切です。どんな素晴らしい方法でも続けなくては効果は期待できないでしょう。ランニングは、時間も手間もかからず、すぐにでも始められます。

あなたも今日から楽しいダイエットへの一歩を走り出してみませんか?

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です