私が育児・家事でめちゃめちゃ痩せた話

育児と家事のダイエット効果を紹介

痩せた原因は送り迎えの出来事!?19キロのダイエットのきっかけと方法

子どもの送り迎えでの出来事がきっかけで、たった3か月で19キロも痩せたなんて信じられますか?子どもが言われたキツ~イ一言に一念発起した女性がどうやって短期間に19キロも、しかも美しく痩せたのか。その秘密に迫ってみたいと思います。

19キロ痩せた人はなぜ、どうやって痩せたのか?

19キロのダイエットって並大抵の努力ではできません!何度も訪れる停滞期、ママ友などからの甘い誘惑、子どもの食べ残しを残せない主婦の悲しい性(さが)・・・。それを乗り越えて痩せられるなんて!いったいなぜダイエットを決心し、どんな方法で痩せられたんでしょう?

19キロ痩せた人はどんな人?

ダイエットに成功したその女性はどんな人だったのか。彼女の人となりに迫ってみましょう。

関西に住む主婦

彼女は関西に住む当時36歳の主婦です。痩せてた頃は松下由樹さん似の美女でしたが、結婚・出産を経て生活が一変!

毎日炭水化物を過剰摂取

な・なんと、毎日のおやつにたこ焼きとお好み焼きを食べていたんです・・・う~ん、さすが大阪(汗)

身長163センチ 体重70キロ

そんな生活を続けているうちにいつの間にやら、身長163センチ、体重70キロ、BMI26.35の肥満体形になってしまったんです・・・。

ダイエットをしたきっかけは?

そんな彼女がいったいなぜダイエットをする決心をしたのか!それは・・・

幼稚園の送り迎えの時の子供の一言

いつものように幼稚園に通う息子ちゃんの送り迎えの時に、お友達からキツ~イ一言を浴びてしまったのです。

「お前の母ちゃんブタやな」と言われた

「お前の母ちゃんブタやな」・・・そう言われても、まぁ、子供が言うことやし・・・と気にしないようにしていたそうですが、翌日にも「お前の母ちゃんホンマにブタやなぁ」と言われてしまい、お子さんが泣き出してしまったんです。

そのお子さんの涙を見て、「こんな悲しい思いを子供にさせるのは自分がブタだから!この子のためにも変わったる!」と強く決意を固めたのです。

どんな方法をとったか

では、彼女が実際に行ったダイエット法をご紹介します。

炭水化物を減らす

まず、彼女が太ってしまった一番の原因である炭水化物を減らしました。お好み焼きとたこ焼きはキッパリやめ、他にもうどんなどの炭水化物をカットしたそうです。

炭水化物には糖質が多く含まれており、その大量摂取は血糖値を大幅に上げることになります。すると、その血糖値を下げるため、インスリンが大量に分泌されます。実はこのインスリンが体脂肪を蓄積させる原因となるので、炭水化物を減らす→血糖値を急激に上げない→インスリンの分泌を抑えるということになるんですね。

運動

彼女は食事制限とともに運動も取り入れました。それは、ビリーズブートキャンプへの入隊です!アメリカ陸軍でエリート育成プログラムのトレーナーだったビリー・ブランクス氏が考案したもので、世界中で大人気となったダイエットプログラムです。有酸素運動と筋トレを組み合わせたこのトレーニングは、かなりハードなものなんですが、ビリー隊長がずっと励ましてくれるので、頑張れるんですよね♪

 

最初っからビリー隊長のご指導はちょっとキビシイかも・・・って方は、自転車とかもいいですよ。彼女のように小さなお子さんがいらっしゃる別の女性は、ハードな運動では膝に負担がかかってしまったので、幼稚園の送り迎えを自転車ですることで、痩せることに成功されたようですよ♪

エステ

彼女はブートキャンプ入隊だけでなく、たかの友梨ビューティークリニックにも入会しました。たった3か月で19キロものダイエットに成功したというのに、ダイエット後の彼女の体が、皮膚のたるみが少なくとっても女性らしい美しいラインだったのは、エステの効果だったのかもしれませんね!

食べたくて我慢できない場合は?

でも、ダイエット中ってたくさんの制限があるので、時折無性に甘いものとか好きなものを食べたくなっちゃいます!一所懸命頑張った人ならなおさら、自分へのご褒美をあげたくなります。そんな時はこうしましょ。

ビーマルワンの活動が一番低い時間帯に食べる

「BMAL1(ビーマルワン)」という名のたんぱく質をご存知でしょうか?実は、人間の「朝起きて夜は眠る」という体内時計を司るものなんですが、このたんぱく質にはもう一つの顔があります。それが「肥満遺伝子」。脂肪を作って体内に蓄積させる働きがあるんです。

 

ですがこのBMAL1、実は体内で多くなる時間と少なくなる時間があるんです。その時間帯を狙って食べれば、太りにくいんですよ。

午後3時から6時の間に食べる

その時間帯というのが、午後3時から午後6時なんですね。

BMAL1は、夜10時から2時頃がピークでその後、午後3時まで下がり続けます。そしてまたぐんぐん多くなり続け再び夜22時頃から2時にかけてピークを迎えるんです。ですからおやつなどを我慢してストレスをため込まずに、太りにくい時間を上手に使って、ダイエットを長く続けることが大切ですよ。

 

炭水化物のカットは有効だか無理せずにすすめましょう。

この女性が紹介された「魔女たちの22時」という番組の中で、モデルのアンミカさんは、「一日の必要な摂取カロリーのうち、半分は炭水化物からとらないとお肌に悪い」と言ったそうです。ですから決して無理せず、BMAL1の少ない時間帯にしっかり食べるなど、工夫をしながらダイエットを進めていきましょうね。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です